読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

やればできる子やらない子

今日もいい天気です。ポカポカ陽気。
風が強いから洗濯物落っこちちゃいますけど。
春って好きです。私が生まれた季節っていうのもありますけど、寒い冬が終わって新しい季節が始まるって感じはなんかいいですよね。

私はさっきも言った通り春生まれなので、学生の頃は早くお姉さんになっちゃうし、クラスが変わったばかりで友達も少なくおめでとう!って言われることもあんまりなかったからちょっと寂しかったです。

そんなワタクシ、子供の頃からお勉強が大キライでございました。とにかく机に向かってじっとしているのが苦痛で仕方なかったんです。ま、授業中はおとなしくしてましたよ。基本真面目なんで(笑)
でも家では一切勉強しませんでした。
でもね、中学まではそれでもそこそこ人並み以上にお勉強はできたんです。自慢とかじゃないですよ💦

高校もね、受験勉強なんてほぼしなかったですけどまぁそこそこの進学校に入学しまして、入った最初のテストではわりと順位も良かったんです。あ、自慢とかじゃないですよ(笑)

でもねー、そっから一気に転げ落ちましたね。だって勉強しないんだもん。勉強しないでバイトばっかりしてましたから。あっっっと言う間に学年でビリを争うくらいにまで落ちました。フリーフォールですよ。ま、なんとか卒業はできましたけどね。


うち、前も言いましたが母子家庭だったんで、親はとにかく生活を維持するのに必死で私はほっとかれてましたので、「勉強しろっ!」とうるさく言われることはあまりなかったのですが、子供の頃からよく親に言われていたセリフは「あんたはやればできる子なんだから。」でした。

親からしたらねやっぱり子供には期待しちゃいますから。『あなたはやればちゃんとできるんだから、一生懸命やりなさい』と発破をかけていたんでしょう。でもねこのセリフ、私には全く意味のないセリフでした。なぜなら全くやる気がなかったから(笑)


私ね、やればできるんだからって言われる子って『やらない子』だと思うんです。自分がそうでしたけど、やればできるって言われるとね『あ、そうか。その気になればできるんだから今はやらなくてもいいや』って思ってしまってやらないの。私はいざとなればやれる子だからって。

そうするとね、だんだん本気でやるってことができなくなってくるのです。甘えちゃって。本気の出し方がわからなくなっちゃうの。普段やらないのに急にできるわけないでしょ。それでうまくできなかったとき『私はまだ本気出してないんだ』って頭の中で言い訳をし出すんです。

だからね、もし私が言うとしたら『あなたはやればできる子なのよ』じゃなくて、『あなたはやればできるんだけどやらないでしょ。このままだと本気の出し方忘れちゃうよ。今ならまだ間に合うからやった方がいいよ。(じゃないと私みたいになっちゃうよー)』と言います。ほんとにできる子って黙っててもやりますから。


景色がどうだって 形がなんだって
どんなところでもやる人は やる人はやります
透き通ってく氷が やむことなく爆発する
太陽より熱い 太陽より熱い


と、いうことでふんころがし的格言!

『やればできる子はやらない子!』

そして私はやる気のない子……失礼しました!