読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

毒霧吐くよ!ふんころがし

私がブログを書く上でひとつ気を付けていることがあります。それは、『人の悪口を言わない』ということです。
悪口の定義ってなんでしょう。とよく考えるんですけどね。それで調べてみました。

【悪口:わるくち、わるぐち、あっこう】
他人を悪く言うこと。またその言葉

だそうです。ほほー。悪く言った時点でそれは悪口なんですな。するってえとあたしの考えた悪口の定義とちと違いやすねぇ。

あたしの定義するところによりやすとね、本人に聞かれちゃ塩梅の悪りぃ事を陰で言うってぇのが悪口って思ってるんでやんすよ。だから自分がね、本人に聞かれたって一向に構わねえってんなら、そりゃあもう悪口たぁ言わねんじゃねえかって思うんでやんす。

えっ?なんでこんな口調なのかって?
いや、なんとなく江戸弁て口悪くてちょっと聞くと悪口言ってるように聞こえるでしょ。なので使ってみました。でも疲れたのでやめます。

話を戻しますが、私ね、基本的にあんまり人をキライになることってないんですよ。そう言うといい人っぽく聞こえますが、じゃなくてあんまり人に関心がないから気にしないっていうのが正解ですかね。ただニガテだと感じる人はいっぱいいますよ(笑)そう言う人にはあまり近付きません。

その代わり一度『あ、この人キライだわぁ』って思ったらもう止まりません。まず絶対にその人とは口聞きません。同じ空間にいるのもイヤなんで近くに来られたらいなくなります。かなり露骨な態度を取ってしまうので、周りの人は気を使うでしょうね。ごめんなさい。本人にももちろんすぐバレますよ。ってかバレても全然構わないし、もし「なんで無視するの?」って面と向かって聞かれればちゃんとお答えします。その代わり相当傷付けてしまいますが。

なんか自分で書いてて恐くなってきた。こりゃ相当性格悪いな。でもね、なんとなくキライになることはないので。ちゃんと理由あっての事ですからね。
私の、もうだいぶ長くなってきた人生でそういう人はほんの数人です。片手に余るくらい。

で、ちょっとしたポリシーみたいなものがあって、私は自分が大キライな人の悪口を他の人に言わないようにしてます。なんて言うと私を知ってる人の中には「いや、うそうそ。あんたこないだ悪口言ってたじゃん」て思う人が数名いるかと思いますが、違うの違うの!ここで、さっき述べた私の中の悪口の定義『本人に聞かれて塩梅の悪い事を陰で言う』ってのが関係してくるのです。

そう。私は自分が言ったことがもし第三者によってその本人の耳に入ったとしても構わないと思ってる発言しかしないようにしてます。だからいわれのない事や、その本人が自分ではどうしようもないこと、例えば背が低いとか顔立ちが個性的だとか足が短いとか臭いとかそう言った事は他の人が言ったとしても絶対に言いません。もし本人に突っ込まれたら何も言い返せなくて不利になっちゃいますからね。

ふぅ~。なんかやたら力説しちゃったけど、よく考えたらこれって自分の性格の悪さを露呈してるだけだよな。アハハハハハ、ウケる!!
人の事キライとか言ってるのにポリシーも何もないよな。アホか、私。

で、結局何が言いたいかと言うと、辞書で調べた悪口の定義で言ったら、私がポリシーに従って悪口だと思わずに放っていた言葉も全部ただの悪口でした!もういいや。謝っちゃえ!ごめんなさいっ!