読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

レキシーデーターほんわかぱっぱ♪

X-file:1 確かにあったはず!のアレを探せ!

私は幼い頃、割と親からほったらかされてました。
母親は女手ひとつで私と病弱な兄を育ててくれたから、アホみたいに元気でコロコロ太ってた私の相手してる余裕までなかったんでしょうね。

前にふと思い付いて「ねぇ、私って小さい頃どんな子供だった?」って母親に聞いたら「覚えてない」とあっさり言われました(-""-;)
「いやー、ほんとね、お母さんあんたのことどうやって育てたか全く覚えてないんだよねー」って。
おぼえてねーのか!!しかも全くか!!
まぁ、私もここまでどうやって大きくなってきたのか覚えてないし、確かに母親と遊んだ記憶はまっっっっったくないな。へっ、全くを強調してやったぜ。ふふん♪

そんな母親ですが、一応教育には熱心なところがございまして、学研の教材やらラジオの英語教育テキストやらを渡され、やるように命じられておりました。私は今も昔もお勉学が大キライでございますのでそれら教材は全てそっくりそのままの状態で放置されておりました。

でも一つだけ、ハマった教材があったのです。
それがタイトルにもあります『レキシーデーター』です。
確か丸い版に時計の文字盤状に長細い、3段階にスライドするツマミが12個ついてまして、全12問の三択問題の答えをそのツマミで合わせ、全問正解すると丸い版のちょうど12時の上に空いた穴からこのおもちゃのかわいいキャラクター『エル君』が『ヒャッホー🎵』と飛び出してくる仕組みになっております。

問題カードはお勉強問題からダルマの大きさ比べまでたくさんあったので、けっこう夢中になって遊んでました。

ところが……大人になって、同年代のお友達にこの話をしても、不思議なことに誰も覚えてないんですよ。どうしても気になってネットで調べたんだけど、ネットにも一切出てこないんです。
おかしいぞ?だってレキシーデーターのCM だってちゃんと覚えてるもん。

小さい子供がレキシーデーターで遊んでてBGM が
♪レキシーデーターふんわかぽっぽ、レキシーデーターふんわかぽっぽ~♪で、子供が「エルくーん!」て呼ぶとエル君が「ヒャッホー!」って言いながら出てくるの。

まぁ実際のエル君はおもちゃのもぐら叩きのもぐらみたいなちっちゃい指状のプラスチックで、ヒャッホーじゃなくてチーーーンみたいなベル音と共にでてくるんだけどね。

確かにあったんだよー……信じてくれよー……
誰かその存在を知る者はいないですかね?
出来ればもう一度お目にかかりたい。幻の逸品でございます。

その他、もうタイトルも覚えてない、くっだらないけどサイコーにおもしろかった四コマ漫画とか、ちょっとお下品なお医者さんのこれまた四コマ漫画とか、今見たいけどもう二度と会えない名作に想いを馳せるふんころがしでございます。

みんなも、一期一会、大切にしろよ!