読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

この世で一番恐ろしいもの

私がこの世で一番恐れているもの。
それは人間の業です。ウソです。
孤独です。それもウソです。

私が一番恐れているというか恐いもの、それはGです。夏になると夜中に水回りで活動しだすあの、恐竜時代から絶滅せずに存在し続けているというあの、少しの隙間でも逃さず侵入してくるあの、Gです。フルネームは書けません。恐いから。

私が昔住んでいた団地はもう夏になるといろんな不思議な虫が入り込んでくる恐ろしい場所でした。よく言えば自然がたくさんあったということなんでしょう。しかも我が家は1階だったので余計にいろんな虫を見ることができました。迷惑な話。
そしてアイツも、もちろんたくさん居やがりました。

私の母親は臆することなく果敢に、時には素手でも奴らを退治してくれたので実家にいるときの私は守られていました。それでもおぞましくて恐ろしい体験はありましたが、恐くて口にできません。

そのうち、私が一人暮らしを始めると誰も守ってくれる人がいないので自分でなんとかせねばならなくなりました。まぁその頃Gジェットなる当時は画期的だった強力な武器が発売されたのでそれで近付く事なくヤツを退治できたのですが(ただ勢いがすごすぎてその勢いでふわっとなるのが恐ろしくて仕方なかった)、やっつけたあとのあいつをどう処理するかがほんとに困りもので、とりあえず遠くからティッシュをしゃっ!っと投げてヤツの姿を隠してました。もちろんそれだけに何枚ものティッシュが必要なので不経済でした。

で、地元の親友に電話をかけて、そいつを処理するためだけに来てもらってました(笑)でもその親友もGがニガテなのでもう大騒ぎですよ。私はと言えば処理が終わるまで部屋の外に待機です。もちろん。


ある時ね、微弱な超音波を流してGを出なくするという画期的な商品が出回りまして、通販で買いましたよ。一万円出して。よく考えれば、んなわけねーだろ!って商品だけど私は藁をつかんでしまいました。届いた商品をウハウハしながらさっそくセットして数日後……白昼堂々とヤツが現れました。部屋を悠々と横切ってました。

もうソッコー苦情電話ですよ。

「ちょっと、出たんだけど。」
「あ、そうですか。」
「いやいやいや、そうですかじゃないでしょ。出ないんじゃないの?」
「あー、それはちょうど部屋から出ていくところだったんじゃないですかね?」
「はぁ?なんだそれ?姿見ちゃったら意味ないっしょ!」
「はぁ。じゃ、返品します?」
「あんたなんかむかつくね。」
「そうですか?じゃ、返品の手続きですねー」

こんな感じですよ。結局返品してお金返してもらって、その商品も姿を消しましたけどね。


昼間家にいるようになって、よく見ていた主婦向けの情報番組で『あなたのニガテなものを教えてください』って募集してたので、暇だったしGがニガテであることを切々と書き記してFAXしたら数日後、忘れた頃にテレビ局から電話がかかってきまして、「あなたのそのニガテ、番組で克服してみませんか?」って爽やかに言われました。『やたっ!テレビに出られる!』って思ったんだけど、家族の猛反対に遭いまして断念。でもさ、よく考えたらGを克服ってどうやってやるのよ。こわっ!断ってよかったわぁ。

毎年この季節になると殺虫、防虫のCMが流れるけど、リアルなアイツのシルエットとか、なんならもろ姿を出したりするからテレビ見ていても油断ならないんですよね。あれ、ほんとにやめてほしい。
あと殺虫剤のパッケージにイラストを載せられると手に取れなくて困ってます。

はぁ。今年もヤツの季節だ。絶滅しちゃえばいいのに!

と思いながらふと、『いやー、でもよく考えたら人類よりも昔っからこの地球にいるんだから絶滅しろってのはちょっと間違ってるよな。いなくならないのなら共存する道を選ばなければ。だから、いてもいいから頼むから姿を見せないでください。姿を見せなければ別にいてもいいから。』とも思ったりしてます。

はぁ。1年で夏が一番好きだけど、あいつが出ると思うと暗くなる。たまに夢にも出てくるから困る。
なんてことをタラタラと書いているとほんとに夢に出てくるからなぁ。


ねーー!ほんとにさぁ!いてもいいから出てこないでねぇ~!切なる願い。以上です!