読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

自己嫌悪の日々

みなさんは自分の事が好きですか?
私は自分の事、あんまり好きじゃありません。
でも完全にキライでもないです。
自分の、お気楽楽観主義なところはけっこう気に入ってます。


でもね、中には自分の事がイヤで仕方ない人もいるんですよね。悲しいですけど。

私ね、昔はよく何にも悩み無さそうって言われました。確かにそんなに深く物事を考えないから悩んだりしなかったですね。ご飯何食べようかなとか、あれ買っちゃおっかなとか、その程度はありましたけど(笑)

誰にでも多少の悩みってあると思うんです。その原因が明らかで、解決策のある悩みならその時は辛くても頑張れると思うんですけど、中には厄介な悩みもあって…。

原因がわかっていても、どうしようもない悩みもあります。それは心の落ち込みです。自分がどうすべきかわかってるんですけど、気持ちが、心が深い所に落っこちちゃってどうにも手が届かないんです。
そうなったらもう、周りが何を言おうとなんの慰めにもなりません。

落ち込んだ気持ちを上げるために『いいこと探し』って、1日の終わりにその日にあったどんな小さな事でもいいからいい事を見つけて書き出してみましょうって方法もあるみたいですけど、ほんとに深い所に沈んでしまったら、それすら思い浮かばないでしょう。だっていい事なんて1つもないんだから。


この空と比べたら僕の悩みはちっぽけ
なんて思ってたまるかボケ!
僕の悩みはでっかい でっかい!


実はね、お気楽楽観主義の私もほんとにヤバイくらい堕ちてしまったことがあるのです。初めての経験でした。

まずね、笑えないの。笑顔を作ろうと思っても強張っちゃってうまく笑えないの。それで気付くと俯いてぼーっとしてるの。常に胸の中がモヤモヤしてて、泣きたいのに泣けないの。でも突然涙が出てくるの。あらゆる事にやる気が出なくて身体がダルくて起きていられないの。大抵音楽を聴いたらテンション上がってくるのに、その音楽すら聴きたいと思えないの。寝るの大好きなのに夜布団に入っても寝られないの。それでやっと寝られたと思ってもすぐ目が覚めちゃうの。自分がつまんないやつに思えて、全て否定しちゃうの。


仮面をつけて生きるのは息苦しくてしょうがない
どこでもいつも誰とでも笑顔でなんかいられない


ほんとに辛かった。こんなに辛いのかって思った。


心理学者のアドラーによると、全ての悩みは対人関係にあるそうです。確かに私の場合もそうでした。
それでも私はまだ軽い方で、なんとか立ち直る事ができました。まるっきり引きずってないって言ったらウソですけど、自己嫌悪で『あーーーもうっっ!!』ってなったりもするけど、その度合いは『人並み』になりました。


今、深い深い所に堕ちてしまって上がってこられない人にかけられる言葉は何にもないけど、どうか頑張らないでください。いいことなんて、ムリに探さないで。今は信じられないかもしれないけど、キレイなものをキレイと思えて、仲間と自然に笑い合える日が必ず来ます。大丈夫。

自分の事がイヤで仕方ないって思ってても自分をやめることなんてできなくて、ほんとは自分の気に入ってる部分もちゃんと知っているんだけど、でも今は認めたくなくて、それでもね、どうしたって自分は自分でいるしかないのです。




愛こそ全てと思ってました
あなたが居なくなるのが怖くて
でも今ぼくに見えるのは
前よりちょっとだけ広くなった世界

寂しくなって嘘をついて
それでもぼくは人を好きでいるよ
弱いときの自分も 強いときの自分も
それも ぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ ぜんぶ ぼくなのさー



今は何を言われても受け入れることはできない。
慰めてほしくもないし、同意なんかされたら反発したくなる。結局は自分で這い上がるしかないんだよな。ダメで、情けないって落ち込んでも、それは全然悪いことじゃないと思う。でもね結局、世の中の大抵の事は大したことじゃないんです。それに気付いてほしい。



どこにも行けない人がいる 誰にも会えない僕だよ
いらないものばかり手に入れてしまった
どこへ捨てようか少し勇気を出そう

窓を開けよう 窓を開けよう

両手を広げてこぼれない分しか
のぞんじゃいけない ほしがっちゃいけない
いらないものばかりほしがってしまった
誰に謝ろう 少し勇気を出そう

涙がこぼれて止まらない
幸せがそこで手を振ってる
両手を広げてつかむはずの幸せ

窓を開けよう 窓を開けよう
今すぐに
窓を開けよう 窓を開けよう



うーーーん、結局言葉にするのってむずかしい。