読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

グルメリポート甘味最強伝説

こんにちは~(・∀・)ノ
今日私は○○県の農家にお邪魔しています。
見てください!ずーーーっと畑が広がってますよ!すごーい!
ここではたくさんのお野菜が作られているということで、今日は収穫のお手伝いなんかもしながらいろんなお野菜をいただいちゃおうと思ってます♪

早速ですがご紹介します。
今日お世話になります○子さんです。
こんにちはー今日はお世話になります。よろしくお願いします。

わぁ、○子さんとてもお若いですね。
○子さんはなんと、野菜ソムリエの資格もお持ちなんですよ。数年前、無農薬野菜だけを扱ったレストランで食べた野菜たちに衝撃を受けて、それまで勤めていた会社を退職して農業の道に入られたということなんですが、いかがですか?

……いかが?あ、はい。そうなんです。あのお野菜の味が忘れられなくて、自分で作ってしまおうって思ったんです。

あー、そうですかぁ。それではまずはどのお野菜からいきましょうか?

……そうですかって…あ、はい。ではまずこの時期だけできる特別なお野菜です。どうぞ。

えっ?わぁなんですか?これ?
ほうれん草みたいですけど、葉っぱが変わってますね。

……はい。これは『ちぢみほうれん草』って言うんですよ。ちょっと葉っぱを食べてみてください。

えー、このまんま食べられるんですか?ぱくっ
わぁー、あまーい。なんでこんなに甘いんですかぁ?

……はい。このほうれん草は路地栽培で作られてまして、冬の寒さにさらされた葉っぱが寒さから身を守るために縮こまることによって…

もぐもぐ。甘くておいしいですねー

……えっ?ええ。葉が肉厚になって…

へー、そーなんですかぁ。それで甘いんですねぇ。
なるほどー。さて、次のお野菜は?

……(まだ終わってないのに…)あ、あぁ、次は雪中キャベツです。これも同じく雪の中で栽培することによって…

ぱくっ

……(えっ?まだ食べていいって言ってないのに)
ど、どうですか?

はい。これもとっても甘いですね。おいしい~
私がいつも食べてるキャベツより全然甘いですぅ。

……(全然甘い…)ありがとうございます。
では次は大根です。大根は冬が旬なんですけど今は一年中獲れますね。抜いてみてください。

いいんですか?わぁ、立派な葉っぱですね。よいしょっ!んー、強い~ よいしょっ!あ!抜けました!わぁなかなかスタイルのいい大根ですね。

……(強い?スタイルがいい?)あ、ありがとうございます。ちょっと待ってくださいね。土を払ってと、切ってみますね。どうぞ。

わぁ、ありがとうございます!わっ!汁が!ぱくっ
うん。とってもみずみずしいです。それに、あまーい♪

……そうなんですよ。先程大根は一年中収穫できるって言いましたけど、春から夏にかけて獲れる大根は辛みが強くて、冬場の大根は甘くて水分が多いんです。

へぇー、なるほど。ぱくっ!バリッ

……えっ?葉っぱを?

うわぁ、葉っぱも甘いですね。次はなんですか?

……えっ?えっ?葉っぱも甘い?あー、えっと次も冬が旬の日本ネギです。ちょっと収穫してみますか?

えっ?いいんですか?やってみたーい!
ここですね?うわぁ、土がもっこりしてますね。

……はい。土に埋もれている部分が白く育つんですよ。無理に抜くと途中で切れてしまうので……

ぶちっ!

あれ?切れちゃいました。やだー、難しいですね。
うわ、でもとっても立派です。これは生で食べられたりしますか?

……(食べられたり?)え、えぇ、こうして剥いていただければ。どうぞ。

長ネギをこうして獲りたてで棒のまんまいただけるってなかなかないですよ。いただきまーす♪
ぱくっ!うわっ!こんなに甘いネギ、初めてですぅ。生でも甘いんですね。

……(棒って…)え、えぇ、そうですね。甘い…ですね。

ということで、次は○子さんのお宅にお邪魔しました!これから先程獲れたお野菜をふんだんに使ったお料理をいただいちゃいます!楽しみですぅ

……はい。今日はシンプルにポトフにしました。
味付けは薄いコンソメと、味を整えるために塩を少し入れただけなんですよ。

うわぁ、おいしそうですぅ。
すっかり冷えてしまったんで、アツアツのポトフは嬉しいですね。まずはスープからいただきます♪
ずるずるっ

わっ!ほんとだ。味付けはシンプルですが、お野菜の旨味がすごい効いていていいお味です。
ではお野菜を。ぱくっ!
うんっ!生でいただいた時もとっても甘かったんですけどやっぱりお料理にすると甘味が増しますね!

……はい。お野菜は熱を加えることによって水分が溶け出し、野菜の中の成分が濃くなるのでより甘味を感じやすく…

あら?これは玉ねぎですね。玉ねぎって火を入れるとほんとに甘くなりますよねー

……(こいつ聞いてねぇ)えぇ、玉ねぎの場合 もともととても甘いお野菜なのですが同時に辛味も強いため、生だと甘味を感じにくいんですね。それが熱によって辛味が分解されて、甘味を強く感じるようになるんです。

あ、そーなんですか。
ところでこの白菜も甘いですね。あれ?じゃがいも!私好きなんですぅ!ぱくっ
わぁ、あまーい!

……(そーなんですかで流されたっ!しかもじゃがいもも甘いって!)
あ、あのー、デザートもご用意してるんですけど

え?ほんとですか?私甘いの大好きなんです♪
えっと、これは?

……はい。カボチャのタルトです。カボチャ本来の甘さを引き立てるために、あえてお砂糖は使ってません。

ぱくっ!えっ?ほんとにお砂糖使ってないんですか?うっそー!とっても甘いです!おいしぃ♪

……ありがとうございます。一緒にうちの庭で栽培してるハーブを使ったハーブティーをどうぞ。

わっおしゃれ♪いただきます。
ごくっ………あれ?
ごくっ……………うーん。

……どうしました?

え、えぇ。ごくっ………

……(あら?ハーブティーは好きじゃないのかしら?えっ?何を??ちょっ!ちょっと!砂糖をあんなに!)

ドバドバッ!ごくっっ
うん。やっぱりとっても甘くておいしいですねー



はい、そーゆーことですっ!甘味最強!
おしまい。