読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

ロックンロールと私 完結編

今日はとってもいい天気でまるで春のポカポカ陽気なのに、家の中で一人じっと動かずガラス越しの紫外線にじりじりと焼かれています。安定のダメ人間生活。ふんころがしです。

実はまだ続いていたなんの身にもならないロックンロールのお話。ささ、もう早いとこ終わらせてしまいましょ。今回は私とロックンロールの関わり方のお話です。


さて、そんなこんなで私はほぼ毎日なにかしらの音楽を聴いていますが私がここ数年、主に聴いているアーティストやバンドはたった3組です。
クロマニヨンズ(ブルーハーツハイロウズ含む)、忘れらんねえよ、米津玄師。
この3組をアホみたいにリピートして聴いてます。
それと最近は爆弾ジョニーもちょろちょろと。

でね、私は基本何にも考えてないお気楽でぼーーっとするのが好きなつまらん人間なので、好きな音楽聴いて熱唱しながらやる気を出したりするわけですが、やっぱり人間だもの。いろんな事があっていろんな気分になるわけですよ。


人間だから恥もあります 人間だから欲もあります
花じゃないんです人間は いろいろあるんです
人間だから妬みもします
花じゃないんです人間は 涙も出るんです


ってことでね、その気分でそれぞれ聴きたい歌が変わってくるんです。みんな大好きなはずなのに、気分次第ではまっっっっったく聴きたくなかったりするんですよ。

例えばね、いいことがあってテンションが上がってる時はクロマニヨンズが聴きたくて、自分がイヤで落ち込んでてテンションが上がらないときは忘れらんねえよが聴きたくて、悔しいことがあったり、上がっていかなきゃって思うときはブルーハーツが聴きたくて、ムシャクシャするときはハイロウズが聴きたくて、今日は何も考えずに熱唱したい!って普段の時は米津玄師をヘビロテします。

ここで不思議なのは同じヒロトがボーカルのバンドでも、それぞれ聴きたい時が違うってことなんですよ。それでね、私なんでだろうって考えたんです。
そしたら、あることに気付きました。
それはね…それはね……知りたいですか?

あーー、うそですっうそですっ!今言いますすぐ言います!それは、その歌を作ったアーティストの感情に左右されているのではないだろうかということです。ほらー、自分で期待値上げちゃうからー

えっと、私がクロマニヨンズ以来久しぶりに本気でハマった忘れらんねえよは、元々はギターボーカルの柴田さん、ベースでコーラスの梅津さん、ドラムの坂田さんのスリーピースバンドでしたが、2015年にドラムのサカタスが脱退。以来二人+サポートのマシータさん、爆弾ジョニーの安田さんで活動している青春パンクバンドです。

歌は全てボーカルの柴田さんが作っていますが、この人、劣等感の塊みたいな人なんです。学生時代に好きだった人が未だに忘れられずバンド名も『忘れらんねえよ』(笑)自分はモテない、クリスマスやバレンタインなどのカップルが盛り上がる行事が大キライ。大量のマンガに囲まれた部屋の中でたまに死にたくなったりしちゃうんです。でもね、柴田さんの書く歌って、自分はゴミでダメなヤツって卑下してても、『それのどこが悪い?』って開き直って劣等感を吹き飛ばしてなにくそっ!っていう歌が多いのです。

だから私も、自分自信のダメさに打ちのめされている時、柴田さんの歌が聴きたくなるのです。言葉は違うかもしれませんが、柴田さんの歌にはサブリミナル的に『ダメな自分』ってのが入っていて知らないうちに感情を共有しているんじゃないかなって。
それに打ち勝とうとする柴田さんに共感するのです。

一方米津玄師さんは元々自分で作詞作曲演奏録音を全部手掛けて2ちゃんやYouTubeなどのネットに投稿し、クチコミでじわじわ話題が広まったちょっと変わった人です。ハチの名前でボーカロイドの曲を多数作り、人気が高まりました。

この人、まだ25歳なんだよー。
で、彼もまたいろいろあった人で心に闇を抱えているの。自分が精神病を患っている(いた?)ことを自身で告白してます。だいぶ変わった人物でありますが、この人はっきり言って天才です。
私は音楽を聴くとき歌詞に重きを置くタイプなのですが、この人の書く歌詞の独特な言い回しや表現の仕方が大好きなのです。
メロディも一度聴いたら耳から離れないような複雑な音の組み合わせでできていて、初聴きで『あ、やべっ、これ絶対好きになるメロディだ』と思わされます。CM ソングにちょいちょい使われていて最近メディアでも取り上げられるようになってきました。

そしてなんと言っても歌がうまい!
基本的に低音なのですが音域が広くて、ファルセットも難なく使いこなすという聴いててほんとに気持ちのよい歌声なのです。
この人の作る歌は一度じゃ絶対覚えられません。
メロディが複雑で決まり事通りに運んでいかないし、息継ぎの場所が難しくて。でもだからこそ覚えると気持ちよく歌えちゃうのです。なので何も考えずに熱唱したい!って時に聴きながら歌うのがピッタリ。

そしてそして、お待たせのブルーハーツハイロウズクロマニヨンズですが……説明が長すぎて、『まだ続くのかよー』という声が聞こえてくるような気がするので次回にします!

完結編じゃないじゃん!いつまで続くんだよ!
興味ねぇよ!の声が聞こえる……気がする。
そうだ。柴田さんの歌を聴こう。


僕らが走るそのフォームは
いつもキレイなわけじゃない
運動が出来ない君へ伝えたいことがある
多分僕らは劣等生だよそれで構わない

僕らが歩くそのフォームは
とてもキレイなわけじゃない
運動が出来ない君へ伝えたいことがある
多分世界はずっとでかいんだよ 君が思うより

運動が出来ない君へ伝えたいことがある
多分僕らはずっとゆくんだよ 君が思うように