読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

怠け者の私が本領発揮中なので、昔働き者だった頃のお話を懐かしく語ります。

あーーー
あーーーーー
あーーーーーーー!

……………………………………………めんどくさい

ここ数週間、病的な程のめんどくささに襲われてます。めんどくさがーのふんころがしです。

お正月の三が日も終わり、世間では今日から仕事始めですね。中にはお正月も休まずお仕事なんて方もたくさんいらっしゃるでしょう。私はお気楽なパートタイマーなのであと少しお休みです。

昔はね、私、とっても働き者だったんですよ。
週末はファミレスでバイト深夜までやって、翌朝8時から警備会社で工事現場の警備のお仕事。夕方5時までやって、また夜ファミレスなんてのが日常でした。

この警備会社でのお仕事、やってた期間はそんなに長くないんですけどなかなか濃い経験をしたので今日はそのお話を聞いてやってください。

これがね、けっこうおいしいんですよ。日払いなので帰りにお金くれるんです。「はい、お疲れ様。今日の分ね。」って。私は自分の車を出してたので交通費もくれたし。で、現場では基本夕方5時までなんだけど、作業の進み具合によっては早く終わることもあって、それでも一日分もらえたからとにかく『早く終われっ!』と祈ってましたね。
お陰で道路を作る工程がわかるようになって、『あ、今石入れて固めてるからあとどれくらいでおわるなぁ』とか作業見ながら大体の終わり時間とかわかっちゃうの。私ガテン系(笑)

これね、よく見る片側通行の警備だとやることがあって時間が過ぎるのも早いんですけど、たまに『裏道の通行止め』の警備があって、これがすっごくヒマなんです。だって車全然来ないし一人だし、寒いし暑いし。当時好きだったバンドの歌を、アルバム順に一曲目から歌うというしょーもない時間の潰し方をしてました。でも工事のおじちゃんみんな優しくて、寒い時は暖かい飲み物を差し入れてくれました。私アホなんで、もらったら飲まなくちゃって思うから『あ、正直今いらない』と思ってももらう度に飲んでてトイレ行きたくて困った(笑)
で、ある日気付いたんです。『あっ!飲まないで取っておけばいいんだ!』………ばかだよね。

そんな警備のお仕事。思い出に残る現場が二ヶ所あります。

まずは、千葉の某所。現場は電機の地下配線で、出入り口のマンホールの周りを黄色いついたてで囲って車を避けてました。それほど車通りも激しくないし、その日は仲良しの友達と一緒だったから楽勝!と思ったら……途中でね、雨が降ってきたんですよ。
普段は雨が降ってきたら中止になって帰れるんですけど、その日なんたって作業は地下でやってますから。どんなに雨が降っても中止にならないんです。
で、案の定どんどん雨強くなって、車は通らないしびしょびしょだし、二人で黄色い囲いの中にしゃがんで身を寄せあってブルブル震えておりました。外から見るとお風呂に浸かってるみたいだよな(笑)
後日、相方は風邪を引いて寝込んだそうです。私?なんとかは風邪引かないってあれ、ホントですよねぇ。

もう一ヶ所は社長自ら出動して選ばれし精鋭5名でのパチンコ屋さんの新規オープンの駐車場の警備です。これが一番辛かった。
なんたって新規オープンですから。そこでしばらくお預けを食っていた常連のアレなお客様が、待ってました!とばかりに大挙して押し寄せるわけですよ。場所柄、みんな車で来るんです。

何ヵ所かある入り口に一人ずつ立ちまして、入れるのは一つだけ。あとは進入禁止にします。もちろん満車になったら入れません!て止めて、一台ずつ出たら入れるって作業がけっこう難儀なんですよ。

で、私は進入禁止の担当でした。
オープン前から車がどんどん入ってすぐに満車状態。国道沿いのパチ屋なので通りも多くて自慢の大声も騒音に掻き消されるから余計に聞こえなくてイライラするんでしょうね。「何で入れねんだよ💢」と何台もの車に文句を言われ、理不尽なことこの上ない。
で極めつけが。

右折で入ろうとした車を止めて「入れませんっ!」と言ったらその人も「何でだよ!」って怒り出して説明してもわかってくれず、運の悪いことにその時一台車が出ちゃったもんだから「出たじゃねーかよ💢」ってそのまんま突っ込んできちゃったんですよ。私轢かれちゃうから避けてそのまんま車を通したかっこになっちゃった。

「なんだよあいつ!社長に言いつけてやる!」とか被害者面まんまんだったのに、社長が飛んできて「おいっ!何通してんだよ💢」って激怒。「いや、ダメって言ったんですけど」ってぶつぶつ言ったら「ダメって言って入ってくるわけねぇだろ!おめえがちゃんと言わねぇから悪いんだよ!ちゃんと仕事しろっ!」って頭っから怒鳴られまして、私ぽかーん。そのまんま社長は持ち場に戻って行きました。
いやー、もう悔しくて悔しくて、車の騒音で聞こえないのをいいことに、「ちくしょー!ふざけんじゃねぇーよ!バカヤロー!!」ってさけびましたさ。

でもね、お勉強になりました。よく考えたら社長の言う通りですよ。あの警備会社では社会の厳しさや仕事の大変さを教わりました。ありがとう○○警備の社長!




そして今、すっかり怠け者になったダメ人間がここに。思えばあの頃が一番働き者でマメだったなぁ。
今もね、仕事に関してはマジメですよ。朝も早起きするし。でも私生活においては、まるっきりのダメ人間です。ついこの間なにかで、『人をダメにする一番の原因はめんどくさいという気持ちだ』というコメントを見ました。今の私、頭の中めんどくさいしかないです。


ここいらでひとつ踊ってみようぜ
聞こえてんなら声出してこうぜ!

気合いをいれろ!死んでる場合じゃないだろ?


まやかしなんて信じない
踊らされたくはないんだ
自分の足で立っていたい 砂のお城だとしてもさ

俺は転がる男だせ 暗い林を通り抜け
嵐の晩をやり過ごし どこまでも転がっていく
明日はどっちだ!!


私女だけど(´>∀<`)ゝ