読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

たったひとつ自慢できることは、大切な思い出と共にある。

昨日『私はなんのとりえもない』と言いましたが、実はたったひとつだけ人に自慢できる得意なことがあります。ほんとにたったひとつです。
それは車の運転です。
その事は私のお父ちゃんと深く関係があります。

私のお父ちゃんはお調子者で、テキトーで、子煩悩で、お酒が大好きで、仕事がキライだけど、人気者でした。マジメ一本のお母ちゃんはそんなお父ちゃんにイライラしながらも内助の功を貫いておりました。

とにかく仕事がキライでタクシーの運転手、カーディーラーの営業、焼き鳥屋さんなど職を転々としたけどどれも大成せず(笑)最後の焼き鳥屋さんなんて、お母ちゃんが一生懸命原価計算して儲けを出そうと必死だったのに、お父ちゃんが焼き鳥焼きながら遊びに来る子供たちにほいほいあげちゃうもんだから、いつ潰れてもおかしくない状態でした。
その代わり子供たちには大人気(笑)

そんな愛すべきダメおやじのお父ちゃんは私が10歳の時にダメおやじのまんま逝ってしまいました。今はもう遠い記憶の中にぼんやりといるだけだけど、ひとつだけ確かに私に最高のプレゼントを残してくれていました。それが『運転の才能』です。
あ、自分で才能とか言っちゃった💦『運転の技術』かな?

運転が大好きだったお父ちゃんは、猫っ可愛がりだった私を休みのたんびに車に乗せていろんな所に連れて行ってくれました。私はいっつも助手席に座って、お父ちゃんがギアを変える手や、クラッチを切る左足、アクセル、ブレーキと忙しく移動する右足を見つめていました。私が「車ってどうやって動かすの?」って聞くと、私の手をとって一緒にチェンジレバーを操作してくれました。
多分、私が何よりも運転が大好きなのは、そんなお父ちゃんの血を引いてるからだと思われます。

19で免許を取ってから運転しない日の方が少ないってくらい毎日の様に車を動かしてきました。とにかく運転することが好き。

20代前半はかなり危ないことしてたなぁ。恥ずかしくて言えないような(笑)死ななくてよかった。
いろいろあって、免許取り上げられそうになって、それで反省してそれからずっと安全運転です🎵

今、大好きな運転を仕事にしてる。
だから仕事が大好き。天職だと思ってる。
常に危険が伴う仕事だけど、大好きだったお父ちゃんからもらった最高のプレゼントだから大事にしないと。

あれっ?ふざけるの忘れてる。
ちなみにお父ちゃんにはお調子者とテキトーももらっちゃった。でも割と気に入ってる(笑)
おとーちゃん!ありがとーO(≧∇≦)O