世の中の大抵の事は大したことない

なまけものが書きます

方向音痴養成所

………都内某所。オフィスビルが立ち並び、昼休みともなるとピンクのカーディガンを羽織ったOL達がお気に入りのブランド財布を抱え、最近できたというお洒落なカフェへと急ぐ。通りは今日もタクシーと営業の車でいっぱいだ。

そんな見慣れた喧騒も、夜になればその様子を一変させる。誰もいなくなったオフィス街は静寂の音しか聴こえない。はずだ。いや、だった。

背の高いビルに挟まれた古い雑居ビル。一見静まり返ったように見えるビルの地下にその養成所は存在した。

「北!西!南!東!」「違う!それでは西と南が正解だ!」「すみません!」「よしっ!次だ!お前の家はどっちだ!」「あっちです!」「だめだ!プロの方向音痴はよく考えて考え抜いた末に間違った答えを出す!勘でテキトーに答えたら意味がないんだ!」「すみません!まだ修行が足りません!」「よし。今日はこれくらいにしよう。お前はいい素質を持ってるんだから頑張ればものになるぞ。」「ありがとうございます!がんばります!」「よし、合言葉は?」「Get Lost!!」


こんばんは。方向音痴養成所第一回卒業生ふんころがしです。プロの方向音痴やってます。
なにこれ。いい素質って何?頑張ればものになるって何言ってんの?
でも、冗談抜きで私病的な方向音痴なんです。

学生の頃から地理がニガテで東西南北がわかりません。Googleマップで『東南に進んでください』って言われるとムカッときます。東南てどっちだよ?

出かけた先の駐車場でナビをセットしても、駐車場からどっちに出たらいいかがわからず、ほぼ間違えます。

もう100回くらい行ってるモールの駐車場から、どの入り口を入ればどの店舗に近いか、どこに出るのか、未だにわかりません。

施設内のトイレから出るとかなりの確率で壁に向かって一歩踏み出します。女子トイレから出て男子トイレに入った事があります。

知らない土地で地元の人に道を尋ねて説明されても全部覚えられません。道を尋ねたあと相手が後ろで見てると思うと緊張して最初の角すら曲がれません。

慣れない駅のホームに立つとどっちが上りでどっちが下りかわらないとです。よく知ってる駅でも改札を出ると線路がどう通っているのか、どっちが上りでどっちが下りかがわからなくなるとです。
ヒロシですヒロシです……ヒロシです………


女の人って方向音痴の人が多いって言いますよね。
「わかるわかる!私も方向音痴だからー」とか言われると心の中で『いや、ちょっと待って。私本気で悩んでるから。私プロだから!』って叫んでます。心の叫び。

昔友達と群馬の温泉に行こうとして、着いたのは福島でした。って話が親とかに武勇伝みたいに未だに語られるんだけど、実は群馬に行こうとして福島に行ってしまった事がそんなにすごいことなのかってのが位置関係がイマイチ把握できてないのでわからないんですよ。

でさ、道に詳しい人ってどうしてあんなに細かく建物やらお店やらを言いたがるの?
例えば
私「今日あそこに行ったんだ。」
道詳「どこ?」
私「えっと、あそこの道まっすぐ行って○○のとなり」
道詳「えっ?あの××がある通り?」
私「あー、あったっけ?」
道詳「あるじゃん。手前に△△があってさ」
私「いや知らないけど○○の隣だってば。」
道詳「だからあの交差点の先だろ?」
私「もういいや。」

こんな感じ。
もうこれ以上私を攻めないでください。
わかってますから。

方向音痴の人って、空間認知能力に乏しいのではないかと思ってます。つまり物事を三次元で考えられない。いつも狭い範囲の二次元で考えちゃってるのではないかと。

例えば道に詳しい人が目的地までの行き方を覚える時って、カーナビのバードビューみたいに立体的に、周りの景色ごと映像で覚えるんですが、方向音痴の人は地図上で出発点から目的地までを線で覚えるんですよ。だから周りに何があったかとかわからないし、道と道が繋がらなかったりするんです。

そこまでわかってるのに何故治せないのか。
それは私にプロの方向音痴としてのプライドがあるからです!

うそです。ほんとは道に詳しくなりたい。切実です。誰か方向音痴を治す方法を教えてください。

と言うことで、GET LOST!!